忍者ブログ
雇われるだけの人生から目指せ独立、社会人2年目なゲーム脳SEのブログ。更新頻度=週2~3回。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新途絶えましてすみません。2日より山口の実家に帰っていまして、
昨日ようやく東京に戻ってまいりました。
正月休みでゆっくりできるっていいですねー。


実家に帰ってよかったことがいくつかありました。


1:ばーちゃんの痴呆の調子がよくなっていた
去年は私が帰郷した時も「あんた誰」みたいな空気でお出迎えされて
少々悲しかったのですが、
今年は髪こそ白くなっていたものの、痴呆っけが恐ろしく改善されていて、
昔の元気なばーちゃんのままでした。

何が原因でよくなったのかを探っていたら・・・

家にコレが・・・
(参考リンク:http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B000J0ZRV8/249-9664150-4071509?SubscriptionId=1N1JNYM5DVFTMHFYD902




いやまあ、「てつ」とは違うらしいんですけどね。
なんでも東京の親戚の方が犬好きのばーちゃんのために送ってあげたんだとか。
私たち健常者が見ると「なぁにこれぇ」という感じなのですが、
ばーちゃんには大変好評のようで、いつも抱きかかえてお話しているようです。
痴呆が良くなったのもその影響でしょうか。

リンク先では随分とネタ扱いされていますが、私はこの手の商品をずいぶん見直しました。
話しかけても碌な答えが返ってこないなど、肝心の性能はイマイチでしたけれども。


2:やせいのサルが飛び出してきた!
朝起きて、散歩でもしようと隣の家のほうに歩みを進めたakisute特派員が見たものは!

F1000005.JPG68045336.jpeg
F1000009.JPGF1000011.JPG
F1000015.JPGF1000016.JPG


大量のニホンザル!!
えっと、私の実家はいつから栃木県日光市になったのでしょうか。

何でも1年ぐらい前から出るようになったらしいです。その数、軽く見積もっても30匹以上。
写真には映ってませんが、この家の裏の山のそこらじゅうからサルの叫び声と木が揺れる音が・・・

試しに怖いもの見たさでその裏山・・・昔はよくその山で遊んだものです・・・に入ってみたのですが、
数年前に見たときよりも人間の手が行き届いており、不要な枝と木はすべて間伐されて刈り落とされていました。
それが原因かどうなのかは全く分かりません。
時々ニュースでどこそこの山からクマが出てきたとか、そういう話を聞いたことがあったのですが、
随分身近に感じられるようになりました・・・


3:N700系に乗れました
私はもっぱら新幹線派で、実家に帰る時も毎回新幹線です。
1か月前から切符を予約しておいたかいがありまして、なんとか1/4に地方から東京方面という
混雑ピークまっただ中の中、指定席に座って帰ることができました。
いや、指定席は埋まっていたのでグリーン車になったのですが・・・
N700系ということもあいまって、最高に快適でした。足もゆったりのばせます。
+7000円の価値があったのかといわれると難しいところですが、
当日は5号車から7号車の指定席のあたりまで席がなくて座れない自由席きっぷの人々が
あふれかえっていて、ワゴンサービスが通れないほどだったそうなので、
そのあたりのトイレに立つのすら困難な指定席を取るぐらいなら7000円払ってでも
グリーン車がいいかもしれません。

PR
今日から実家に帰ります。
でも帰る前に本とC73の戦利品を集めないといけませんね。

ということで昨日一日お買いものに東奔西走いたしました。
戦利品は以下の通り。

本:
ザ・シークレット - amazon.com
ハーバードでは教えない実践経営学 (BEST OF BUSINESS) - amazon.com
パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学 - amazon.com

全部他人のお勧めです。というのも、本を読むようになったのはここ数年ですので、
まともな読書習慣もなければ本を見る目もないですから。
自分で本を選ぶより、自分より本を分かっている人のお勧めを繰り返し読むほうが
はずれがなくっていいですよね。もっと自分が本の良しあしを理解してから自分で選ぶようにすればよいのです。

The SecretはDVD版もほしかったのですが、やはりDVDとなるといつでも見れる利便性がなくて
ちょっと敬遠してしまいました。

本の内容につきましては、まだほとんど読んでいないため後日ということで。

コミケ戦利品:
神交風雅曲 Orantario del Vento - dBu music
Dry Eye Party - ゼッケン屋
石鹸屋のお歳暮3 - 石鹸屋
幺楽団の歴史4 - 上海アリス弦楽団

dBuと上海アリスしかまだ聴いていないのですが、
dBuのアレンジはいつもながら大変クオリティが高いです。
原曲を壊さないでテンション高くしてくれるからお好み。でも、今回はあまり派手に曲をいじってないですね。
元が良すぎるしいじるところもないんですが・・・
幺楽団の歴史4はReincarnation目当てで購入。やっぱり名曲でした。
あとお店で幺楽(ようがく)をげんがくと読んでしまい大変恥ずかしい思いをしました。反省。

本当はCool&Createの新作も欲しかったのですが、まだ委託がなかったようで。残念。
ニコニコ動画のデモを見る限りでは恐ろしく期待大ですね。
あまねさんの歌も以前よりかなりうまくなってますし。




ドコモ、グーグルと提携・ネット検索メールなど、新サービス開発

今日の日経の1面がこれ↑で、見た瞬間はそのインパクトでおったまげてしまいましたが、
冷静に記事を読むと、そんなにすごいことでもないんですよね。

1:Googleに対してiモード網を提供する=iモードすなわちケータイネット上でGoogleのサービスがシームレスに利用できるようになる。
→しかしそもそも私はケータイネットを一切使わないので何のメリットもなし。ケータイネットを使う人にとっても、そこまでドコモを選ぶメリットが増すとは思えない。
auには待ち受けガジェットがあるからそもそもネットを開かなくてもGoogleにアクセスできるし、
SoftBankは確かjig.jpと提携してjigデスクトップの技術を待ち受け画面に利用するとかなんとか言う話をどこかで見た気がします。
そうするとますます価値がない。むしろ、いちいちiモードを開く分だけドコモの方が遅れているとさえ考えられてしまいます。
2:GoogleのAndroidを利用して、新型端末を開発する=おそらくauもSoftBankも(形は別としても)Android端末を出してくるに違いないので関係ないですね。

むしろ超有名な企業との提携をうたうことで、実利よりも大きなインパクトを見せかけて株価を有利に推移させたいとか、そういう狙いなのじゃないのかとさえ思えてしまいます。

といっても、まったく何の意味もないのかというと、そうではないようです。

携帯電話の国内契約数は1億を超え、携帯を通じたネット利用者は2006年末時点で約7000万人。パソコン経由の利用者数に近い水準に達し、ネット利用窓口としての重要性が増している。定額で携帯ネットを無制限に使えるサービスの普及で携帯をパソコンのように使う利用者が急増。ドコモは自社サービスだけでは利用者の要望に応えられないと判断した。

と記事本文にあるように、「ネットを利用する顧客に対する利便性を高める」という戦略の一環として、Googleとの提携を選んだのだとすれば、
「Safariでネット見放題、もちろん定額で!」なiPhoneを自社に誘致するのも、その戦略にかないますし、
となるとアップルとなんとしても契約を結びたいと考えてもおかしくない=交渉が決裂する確率が下がる!・・・かもしれません。


自分なりに脳みそを使って考えてみたら、話がちょっとすっとんでしまいました。すみません。
うーん、ケータイ業界は複雑怪奇。

2007/12/25 20:20追記 -
http://japan.cnet.com/panel/story/0,3800077799,20363899,00.htm?ref=rss
ここを見る限りだとパネラーの選択はSoftBank2にDocomo1のようです。

iPhoneとGoogleを天秤にかけて、DoCoMoはGoogleを採った、と言う判断のようにも見えます。

この発想がなかった。パネラーに呼ばれるだけあって着眼点がすごいですね・・・



昨日、確かmixiのどこかだったと思うのですが、

「銀行ではなく人に投資せよ」

という言葉をみて、えらく感銘を受けてしまいました。
(詳細は微妙に違う気がしますが、とにかくそんなニュアンスの言葉でした)

せっかくボーナスが入ったのに、何も買わずに銀行に溜め込んでばかりだった自分。
あのフランクリン・コヴィーの7つの習慣にも
「他人の信頼貯蓄残高を増やせ」
みたいな格言があったことをふと思い出し、
いっちょ大奮発してみることにしました。

どう奮発するか考えた結果、同じチームのメンバーの6人にお昼ご飯をご馳走してあげることにしました。

本当は、そのうち一人が焼肉焼肉こだわっているので、焼肉にして上げたかったのですが、
昼に焼肉は重たいですし、夜に焼肉はメンバー6人のうち3人が帰ってしまいます。
仕方がないのでお昼ということになりました。


評判はまずまず上々だったのですが、他人におごるなんて初めてなもので、かなり酷いミスも。
・一度おごる、サービスすると決めたらとことんサービスする。1万でも10万でも出す気持ちで。
途中で追加注文したときに嫌な顔をしたり予算を決めたりするようでは懐の狭さを逆に露呈するようなもの。
いや、まぁ当たり前のことなんですが・・・懐が狭い人間には大変です。
・逆におごってもらったら、メールでもなんでも良いので一言お礼をするといい感じ。6人のうち一人だけ
メールでお礼が飛んできたのですが、こういうのを見るといいことをした、またやろうかな、って気分になります。
このとき、他人とは違う方法でお礼を出すとさらに印象深くて好印象(皆が口頭でなら自分はメールで、
皆がメールなら自分は口頭で、皆が口頭だったりメールなら手紙や置きメッセージと言う手もある!)
いや、まぁ当たり前のことなんですが・・・社交性のなかった人間には新鮮です。


出した金額分以上のの勉強になりましたので、結果としてはプラスですね。
今度は皆で焼肉行きますか!



先日の報道以来、iPhoneはDocomoで確定だの2008年半ばまでには出るだのといった意見が
多数を占めているみたいですが、本当にそうすんなり行くのでしょうか?

通信方式という技術的な問題はクリアしたとしても、制度的な問題が非常に大きいと感じます。

1:料金体系。これはまぁ皆さん深くご存知だと思うのですが、Appleは通信料のうち何割かを受け取るという料金体系を取っています。日本の普通のモバイルメーカーは売ったら売り切りなので、この差は大きいです。
しかもデータ通信料は基本的にどれだけ使っても無料。パケホーダイだのなんだのといって4000円近く、PCブラウザを利用すると6000円近くもっていく非良心的なプランが当たり前の日本のキャリアが「SafariでPCサイト見放題」を受け入れるでしょうか?

2:MMS(モバイルメッセージングサービス・・・ですっけ?)がないこと。要するにケータイメールなのですが、日本の携帯メールはソフトバンク以外このMMSとかいう国際規約に対応していないらしいのです。しかもそもそものiPhoneにはMMS機能がないわけで、つまり、携帯メアドがもらえない可能性さえあります。・・・まぁ、私はいらないんですが。GMail普通に見れるらしいですし。
それとも日本向けにケータイメール機能を搭載してくるのでしょうか?

3:モバイルサイトが見れない。普通はPCサイトが見れれば事足りるのですが、いかんせんここは日本、モバゲータウンやミクシィのような日常的に使用されるモバイルサイトが存在します。一般的なユーザにこれが受け入れられるかは怪しいところです。また、iモードサイトなども見れませんから、Docomoはそちらからの収益も得ることが出来ません。
これもケータイサイトビューワーみたいなアプリを搭載してくる可能性はありますが・・・

つまりまとめると、DocomoがAppleと組んだとしても、対応しなくてはならない事項が多い割にはプラン的に利益がでそうもないということなのです。
果たしてこの状況下でもDocomoは本当にiPhoneを欲しがるでしょうか?
楽観視せずに、万が一のことも考えておいたほうがよさげです。


[・・・で、ついさっきまでここにドワンゴとクリプトンのゴタゴタについての意見を載せていたんですが、
あまりにも事情をよく知らずに脊椎反射レスした内容だったので、思い切って消してしまいました。
ああ恥ずかしい。ちゃんと調べないで脊椎反射するのは私のよくない癖です・・・]
ついにAppleがiPhoneの日本発売に向けて本格的に交渉を開始 - Gigazine.net

iPhone はドコモで決まり?  - slashdot.jp

アップル、「iPhone」日本投入でドコモとソフトバンクと交渉 - japan.cnet.com

cnetのiPhoneレビュー

ここ数日携帯の話をしていたら、ちょうど来ましたね。
いつ正式に決定するのかは分かりませんが、決定したら決定したキャリアの元に私は行きます。
通信方式がドコモとソフトバンクのものになるそうで、残念ながらauから発売されることはなさそうです。
(といっても、CNETの記事を見る限りだとやはり難色を示されている点もあるようで、
簡単にもう決定とはいえそうにないですね)

さて、せっかくの機会なので、冷静にiPhoneの機能・メリデメを分析してみます。
(特に、同時期に出そうなDocomoの906シリーズと対比して)

メリット:
・強力なインターフェース。QWERTY方式のタッチパネルキーボードというだけでもうたまりません。
親指一本でメールが打てない私には救世主です。
iPod Touchに触ったことがあるのですが、直感的でわかりやすく、視覚的にも楽しいのがうれしいです。
・音楽関係にきわめて強い。そりゃiPodの一種ですから当然ですね。
着信音にmp3が使えないのが痛いですが、こちらは将来的に可能になる予定有りだとか。
・強力な無線アクセス機能。もちろん通常の3.5G通信でも高速ですが、特に東京ではそこらじゅうにある
ホットスポットからのワイヤレスLAN接続が強力でいい感じ。BlueToothも搭載。
・Safariブラウザによるネットブラウジング。たまりません。操作感覚も相当良いようで、もうJigブラウザとはおさらばです。
・地図機能。Googleマップとの連携。もちろんナビタイムとは違って無料ですよね。

デメリット:
・GPS機能不搭載。これは痛い・・・せっかくのGoogleマップとの連携もGPSがなくては威力半減です。
・貧弱なカメラ機能。画素数2.0Mピクセルはすでに携帯標準となっている3.0Mピクセルに比べるとどうも見劣りしてしまいます。
・Safariは使えるのですが、FlashもAjaxも不可能だって!?もっともこれは6月のころのレビュー記事ですから、今はどうなのか知りませんが・・・FlashはともかくAjaxは欲しいですね。Flashもできれば。
・一応3.5Gですから通信速度3.6Mbps出ますけど、そのころにはすでに906シリーズは7.2Mbps出るんですよね・・・
・待ち受け時間がやたら短い。最大250時間に連続通話8時間って、そりゃいくらなんでも短いっすよ。→この機能でその長さは実はすごいらしい。でもなぁ。
・赤外線通信ができない。まぁ、これは余り困らないかな。
・あとはニコ動が見れれば何一つ文句なしなんですが。YouTubeとかどうでもいいから。
・バッテリが自分で交換できず、有償修理になるらしい。400回充電したら劣化するって、1年しか持たないのかー、つらいなぁ。


概ねいい感じですが、完璧ではないですね。機能だけを見れば906シリーズにJigを組み合わせたほうが強力な部分も多数あります。
それでもやっぱり持ってみたいですね。少々不便でもかまわないから。
というわけで、本日は通信速度と料金体系について調べてみることにしました。
参考にしたページは以下の通り。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20070510/mobilespeed
http://japan.internet.com/allnet/20060822/5.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%AE%9A%E9%A1%8D%E5%88%B6
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1976

まずは通信速度から。
Docomo:HSDPAとかいう通信方式(今使っているF903iXもそれ)、下り3.6Mbps。
上りはもっともっと遅い。ただし、来年春モデルからは下り7.2Mbpsらしい。
au:CDMA2000 1x EV-DO 方式(EV-DO Rev.0)」の機能拡張版である「EV-DO Rev.A」らしい。
上り1.8Mbps、下り3.1Mbps。見かけ上はHSDPAに劣るが上りが恐ろしく早いのが強い。
さらにWiMaxの免許で勝ちそうなのも魅力。
写メの送信に劇的な威力を発揮しそう。
SoftBank:Docomoと同様らしい。どうもぱっとしない。

通信速度はDocomoとauの二強という感じに。

続いて料金。現在はドコモのタイプMにパケホーダイ。
無料通話については、多い月は足りないし、少ない月だと結構あまる感じです。
パケットは1月10万パケットを余裕で越えてしまいます。
具体的な数値は調べてないです。今度領収書が来たら、きちんと取っておこうっと。

さてさて、SoftBankがやはり圧倒的に強いのか?結果は以下の通り。
Docomo:6,600円(税込6,930円)+パケホーダイ4,095円。
au:6,600円(税込6,930円) + ダブル定額最大値4,410円。
ライトユーザーにはお得だがやはりヘビーユーザにはちょっと分が悪いぞダブル定額。
SoftBank:980円 + 4,410円。ただし、無料通話は一切なし、SB以外には1分間に40円という驚愕の通話料。
ドコモとの差額5600円で140分話せる計算に。・・・おや?案外安いな。
しかし実際には6600円が大体半額になるため、差額は2300円=58分程度。厳しい。
オレンジプランはauのパクリ、ブループランはDocomoのパクリなので割愛。

・・・やはりSoftBankは強かったようです。複雑怪奇で分かりづらいと揶揄された料金プランも、
一目見た感じでは随分分かりやすくなった気がしますが・・・
しかしそこはあのSoftBank、「特例」規定がたくさん隠れていそうで恐ろしいです。

結論から言うと、どこを選んでも劇的に安くなるということはないようです。
携帯をほとんど使わない人ならばホワイトプランは大変お得な気がするのですが・・・


それから、忘れちゃいけない使用可能アプリ。
アプリではやはりDocomoがダントツに強いですね。
ニコモバイルに最初に対応したのもDocomoですし(いまはauも使えるみたいですが)。

いくら通信速度が速くても、対応アプリがなければただの宝の持ち腐れです。


ここまでの結果をまとめると、
通信料金はどこを選んでも劇的には変わりませんし、
やはり通信速度・端末の多機能性・アプリの多さということでDocomoが魅力的に見えます。
続いて「一見してチャラいイメージ」とは裏腹に、意外なほど先進的な技術を満載しているau。
ダブル定額のような料金プランも最初に始めたのはauということで、独自性があり面白い。
アプリに関しても、昔は自由に作成できなかったものの、ここ最近の機種では自由にjavaアプリが
動作できるようになったとのことで、期待が高まります。

反対に、SoftBankは今回の調査で急に魅力を失ってしまいました。
技術的には弱いということが明らかになってしまいましたし、
やはり「怪しい料金プラン」のレッテルがはげそうもありません。
(基本料金は激安ですし、通話をほとんど使わないのでしたら圧倒的にお得なのは間違いないのですが、
私は通話も結構使う人間なので・・・)
Yahooが個人情報をたびたび漏らしてみたりと、イマイチ信頼性に欠ける感じがします。
戦国武将にたとえるなら織田信長みたいな感じなのでしょうか。
まさにハイリスク・ハイリターンなキャリアという印象を受けました。

というわけで、今のところDocomoとauのどちらかで選ぼうと考えています。


しかし、こうして真剣にに他社とキャリアを比べてみると、今まで分からなかったことがどんどん分かるようになり
視野が広がっていいですね。
ずっと何の疑問もなくDocomoを使い、auなんてチャラいからダメだと何の根拠もなく言い張っていた自分が
恥ずかしくなってきます。

ケータイというか、キャリアごと変えてしまおうと考えております。
とりあえずケータイに求める用件だけ、箇条書きっぽく書き出してみました。

・最重要用途:RSSリーダー(jigブラウザ)、GPS地図、高速通信(早ければ早いほどよい)
・重要用途:月々の通話料
・気にする:カメラ、サイズ(薄さとか)
・不要:ワンセグ


とまぁこんな感じ。
それを踏まえた点で各キャリアを見てみると、


・ドコモ:現在のキャリア。マシンの性能はNO1だと思う。料金は結構高い気がするが、詳しく調べたわけじゃない。でも友人は今買うなら春まで待って906にしたほうが絶対に良いと豪語する。

・えーゆー:うちのインターネットプロバイダと相互作用が得られる程度しかメリットが感じられない。通信も別段速いわけではなく、マシンはドコモに、料金はソフトバンクに、センスとアート性はアップルに劣る。ただし、次世代通信規格の免許が貰えそうという意味では強い。

・孫:なんといっても料金が強み。安すぎる。ただそれ以外が不透明な感じ。しかもカスタマーサービスと安心度に不安が・・・(YBBとか個人情報漏らしまくりですし)

・ウィルコム:W-ZERO3はすごくいいけど、いくらなんでも大きすぎるとぼくはおもいます。

・アップルとA&T:iPhoneって最高ですよね。主にインターフェースとデザインが。使っているだけで楽しそう。


まだファーストインプレッションですが、どうしてもドコモのメリットが目に付いてしまいます。実際にauやSBを使っている人に聞き込みを行ってみる必要がありそうですね。


しかし、どうして世の中のケータイはアクオスだのブラビアだのビエラだの、テレビの名前をかざしたケータイばっかりなんでしょうか。ワンセグ機能なんてもっとも不要なのに。

あんまりローカルネタを出したくはなかったのですが、
mixiの「注目のキーワード」で堂々の一位になっていたので、便乗してみます。



実は今勤めている先が横浜のランドマークタワー近辺なのですが、
どうやら随分前からランドマークタワーのホテルにACミランが来ているらしいのです。
そういえば、数日前からやたらと観光客が多かったり、ホテルの前に黒山の人だかりが出来ていたり、
そこらじゅうに「特別警戒実施中 - 警察」の張り紙が張ってあったり、なにやら物々しい雰囲気でした。

明日13日に浦和レッズとの対戦を横浜国際スタジアム(すぐそこ)で控えているらしいです。
総務の方が「横浜のホテルが取れない」と嘆いてらっしゃった理由もわかりました。

サッカーには余り興味がないのですが、こんなすぐ近くで世界最強クラスのクラブチームが
プレーする姿が見られるならば、仕事を3時間ほど抜け出して見に行ってみたいものです。
仕事の体験はいつでも得られますが、ACミランと浦和レッズが横浜で対戦する経験はおそらく今しか得られないでしょうしね。



ところで話は変わりますが、普段横浜に来ない観光客が増えているものですから、
近頃は外を歩いているととにかくそこらじゅうの人から道を聞かれます。
先週の金曜ぐらいから今日まで↓これだけの人に遭遇しています。
・中国人らしきカップル
・おばーさん3人組
・中学生ぐらいの男子学生3人組
・老夫婦1組

・・・しかし、何でこんなに道を聞かれるんでしょう。
話しかけられやすいオーラでも出してたりするんでしょうか。
別に新宿とか池袋の駅前を歩いていてもキャッチやら宗教につかまったことはないのですが・・・

と思って自分の姿を見直してみると、
○スーツ姿でメガネ
○首から会社の入館証を下げている
○弱そう
なるほど、頻繁に話しかけられるのも分かる気がします。
最近はWiredの記事ネタが続いてますが、今日もWiredから。


Tesla Coil Artist Sparks Up for Christmas [Wired.com]

リンク先の記事では、なにやらきれいなクリスマスツリーの写真がありますが、
なんとこのツリー、テスラコイルの電気スパークで作られたツリーだそうです。
(完全な形になるまで放電開始から91秒もかかるんだとか)

こちらの写真では、よくゲームで見られる
「雷を飛ばして敵を攻撃する武器」
を再現しています。実際にはこういう風にまっすぐスパークは飛ばないので、
鉄線を張って導体にしているんだとか。
一度見てみたいものですが、そもそもそれ以前にこんなでかい設備を置く場所が
日本にはなさそうです。

こちらは車泥棒対策用の電気バリアー。
記事の中では「サウロンの目」というふうに紹介されています。
(さすがにこのように丸く雷が出るわけではなくて、カメラの露出効果を利用した写真のようです)
確かに効果は抜群だとおもいますが、
そもそも庭のあちこちでバリバリスパークが出ている怪しい家に近づく泥棒はまずいないような気が。

極めつけはこれ。
一件何をやっているのかわからないのですが、
なんでもこのプール、10万ボルトの電圧がかかっているんだとか・・・
(中の人が無事なのは、怪しいヘルメットを通じて上に電流が逃げているからです)

この人と友人になると、
「お前もこのプールで泳ごうぜ!ほら、大丈夫だよ!超安全だからさ!!」
といって誘われるのでしょうか。


気になる作者さんのウェブサイトはこちら。
Tesla Downunder
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[08/29 逆援助交際]
[08/23 クンニ]
[08/22 熟女]
[08/19 痴漢]
はてなブックマーク
プロフィール
HN:
akisute
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ゲーム・東方・ニコ動。あと散歩。
バーコード
推奨環境

横幅900px以上、Firefox 3, Safari 3, Opera 9.5, Chrome 0.2以上。IE7ギリギリ対応。IE6未対応。

忍者ブログ [PR]