忍者ブログ
雇われるだけの人生から目指せ独立、社会人2年目なゲーム脳SEのブログ。更新頻度=週2~3回。
[262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○要点
  • javaとjavacのバージョンを管理するのは面倒
  • whichコマンドがあれば楽にバージョンを調査できる
  • Windowsでもwhichコマンドが使えるバッチがある
  • Eclipseを使うならば、JAVA_HOMEは常に最新のJDKを指すようにして、開発環境用のJDK設定はEclipseからやるとよい

Javaエンジニアの一番の悩みは何って?javaとjavacコマンドのバージョン管理です。JAVA_HOMEなんて環境変数はもう二度と見たくないという人、正直に手を挙げてください。・・・はーい ノシ

JDKだけならともかく、Windows環境だとJREのjavaおよびjavawが勝手にC:\WINDOWS\system32以下に配置されるので、PATHの設定を間違えると「javaはバージョン1.6(しかも参照しているtools.jarはJREのもの)だけどjavacはバージョン1.4」なんていう悪夢が発生します。
するとJDKのjavaじゃないと走らないアプリが動かなかったりだとか、何故かJava5以上で書かれたソースがコンパイルできないとかそういう地獄絵図が・・・

で、よく考えたらLinuxのwhichコマンドを使えば一発解決じゃないかと思い立ちました。
でもWindowsには標準でwhichがありません。がーん。

しかしご安心あれ。世の中には同じことを考えている先駆者が居るのです。
ウィンドウズDOSのwhichコマンド(Hishidama's Windows DOS which-command)

これで簡単にjavaの指し示すパスが確認でき、管理が容易になります。

○余談
Eclipseで開発をしており、DOS窓からantを叩いたりしないならば、
javaもjavacもJAVA_HOMEの指し示す先も最新の1.6にして、Eclipseの中で開発中のJavaアプリ向けにJDKの設定をするといい感じみたいですね。
Eclipseから実行するのであれば、Antが実行するjavacのバージョンもEclipseの設定から自由に変更できます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[08/29 逆援助交際]
[08/23 クンニ]
[08/22 熟女]
[08/19 痴漢]
はてなブックマーク
プロフィール
HN:
akisute
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ゲーム・東方・ニコ動。あと散歩。
バーコード
推奨環境

横幅900px以上、Firefox 3, Safari 3, Opera 9.5, Chrome 0.2以上。IE7ギリギリ対応。IE6未対応。

忍者ブログ [PR]