忍者ブログ
雇われるだけの人生から目指せ独立、社会人2年目なゲーム脳SEのブログ。更新頻度=週2~3回。
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またまた私が愛用しているファイラー「X-Finder」がらみのネタですがご容赦ください。今日もまた便利な機能をご紹介します。・・・むしろ、自分の備忘録と化してしまっていますが・・・

大量のファイルを扱っているときに、どうしてもほしいのが「検索機能」です。
特に一つのフォルダの中に100個以上似たような名前のファイルが並ぶと、とてもじゃないですが検索機能がなければやっていけません。

もちろん、X-Finderには標準で検索機能やフィルタリング機能があります。
・インクリメンタルサーチ
・アドレスバーを用いたフィルタリング
・エクスプローラの検索を呼び出す


ですが、インクリメンタルサーチは英語名のファイルにしか通用せず、アドレスバーを用いたフィルタリングは操作が煩雑です。前後方部分一致で検索しようとすると、@ → *を入力 → 検索語を入力 → *を入力 → Enterキーと続けて押下せねばなりません。なかなか大変です。
エクスプローラの検索?たぶん、アレを使うぐらいなら自分の手で探したほうが早いと思います。


というわけで、このたびX-Finderの機能を組み合わせて、簡単なフィルタリング機能を作ってみました。



1:「ツール」→「キー」を開き、↓こんな感じで新しいショートカットキーを作成します。
Input機能とOpen機能を使います。Open機能はアドレスバーに対象の文字列を入力してEnterキーを押下したときと同じ処理が行われますので、「*入力された文字列*」をOpenすると、フィルタリングができるわけです。
WS000021.JPG


2:早速実験してみましょう。
Ctrl+Fを押すとこんなダイアログが。System32フォルダをd3dでフィルタリングしてみます。
WS000024.JPG


3:ご覧の通り。
WS000023.JPG



その他、Command:機能を利用して、外部の検索ツールやGrepツールと連携するというのも楽しそうな感じです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[08/29 逆援助交際]
[08/23 クンニ]
[08/22 熟女]
[08/19 痴漢]
はてなブックマーク
プロフィール
HN:
akisute
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ゲーム・東方・ニコ動。あと散歩。
バーコード
推奨環境

横幅900px以上、Firefox 3, Safari 3, Opera 9.5, Chrome 0.2以上。IE7ギリギリ対応。IE6未対応。

忍者ブログ [PR]