忍者ブログ
雇われるだけの人生から目指せ独立、社会人2年目なゲーム脳SEのブログ。更新頻度=週2~3回。
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日は仕事を早上がりして、
本社で人材開発を行っていらっしゃる上司の方と一緒に、渋谷までお食事に行きました。

タダのサボりではありません。とある人を私に紹介してくださるのです。
その人というのが、なんでもいくつもの事業を経営して悠々自適の暮らしをしている大金持ちの方だとか。
大変胡散臭い話ですが、こんな機会はまたとないチャンスと思い、
面白そうなのでぜひお願いしますということになったわけです。

「大金持ちに会える」というだけで非常に危険な香りがするこの世の中、
以前にこの手の話で痛い目をあった私は、
「ヤバそうな話になってきたら速攻で逃げだす」準備までして当日を迎えたのですが・・・
見事に杞憂でした。

渋谷駅に時間ぴったりに現れたその人は、見た目は普通の30代ぐらいの男性です。
ですが、纏うオーラが違う。行動が違う。
初対面の私に大してまずとった行動は、ありきたりな自己紹介でも名刺交換でもなくて、
「笑顔で握手を求めること」でした。

あなたの周りに一人でもいらっしゃいますか?初対面の人に笑顔で握手を求める方。
100人に一人もいませんよね。
それだけで「この人は違う!」と思わざるを得ませんでした。


近くの適当なパスタ屋で食べながら2時間半ぐらい会話したのですが、
とりあえず、思いついたことや聞いたことを箇条書きであげてみます。

・話の内容がとにかく分かりやすい。小学生でもわかる論理で話す。
・しゃべっている内容だけではなくて、生き方や人生観にもに理由と裏付けがすべてある。
・他人の多様性を受け入れる考え方と心の広さがある。
「みんな違うからうまくいくのに、自分と違う考えの人を中傷するのは自分の首を絞めるようなものですよね」
といった趣旨のことをおっしゃっていた。
・完璧主義、キッチリやる主義(カチカチした生き方)はよくない、やめたほうが良い。
自分の譲れないガイドラインはきっちり守るが、それ以外は譲歩する、分け与える。
・「自分が見えていない」ときっつい指摘をされた。なるほど確かに、自己中な人間は自分が見えていない。
自己中な人間は他人が見えていないわけではないのだ。
なぜなら、自分の周りに自己中な奴がいたら、そいつのことは自己中だと思うから。
つまり、自分が自己中であるという風に客観的に見れないだけなのだ。
・という趣旨の話を思いつきで自信満々に返してみたら、「それでは自分で考えたということにならない」
と一蹴。その思いつきから、どうすればいいのか、何ができるのか、その本質は何か、
まで自分で考えて行動出来なければダメということか。
なるほど、確かに私には枝葉しか見えてない。枝葉の元の幹を見ていなかった。
この辺がデキる人間とわれわれ凡人の差なのだろうと思い知らされた。
・こういう自己啓発の話、偉人の話を聞いて、
「ああ、俺ってばダメ人間だ・・・」と落ち込んでみたりとか、
「よーし、私だってやればできるんだ!やるぞ!」と何の根拠もなく奮い立つのは、ただの妄想にすぎない。
客観的に自分を見つめ、それらの話と自分を比較し、何が足りないのかを考え、
どうすれば補えるのかを考え、どうやって実行するかを考え、実行することこそが正しい道、ということか。


中でも一番印象深かったのが、ケータイについての話です。
ケータイはどこの会社と問われたのでドコモですと返したら、
それだけで「あなたは経営者になる人間ではない」とバッサリ。
そりゃまたどうしてですかと問うと、「ではどうしてドコモを使っているのですか?」と答えられ、
返答に窮してしまいました。たしかに、最初のケータイがドコモだったからそのまま何となく。
困っているとさらに追い打ちで一言、

「年末までにドコモから別のキャリアに代えられますか?」

この一言で、経営者とは何か、リスクを取るとはどういうことなのかが、
ようやく身をもってわかった気がするのです。
雇われる側というのは、とりあえずドコモでいいやに安住する人、
経営者になる人というのは、ドコモもauもソフトバンクも試した上で、こうこうこういう理由でどこの携帯が一番だ、と結論付ける人なのです。

キャリアを乗り換えるには大変なリスクが伴います。割引プランも効かなくなりますし、
2年以内に契約を変えてしまったら違約金を取られる恐れもあります。
端末費用も必要ですし、友人に教えたメアドもケータイサイトの登録に使ったメアドもすべて変更する手間が生じます。
そういったリスクや手間を踏まえながらも、それでも何の躊躇もなくキャリアを変更して自分に一番の物を探し選びとる、
それこそが経営者というか、真に自立して自分で考え行動できる人間なんだと、気付かされました。


もちろん、こういう話を聞いて、「偉い人に言われたからDocomoからauに乗り換えた」で終わりというわけではありません。
こういった小さなことでも、自分でリスクを取ってより良いリターンを求めるために行動できるかどうかが大事なのです。


他にもたくさんたくさん大事な話があったのですが、かなりねじ曲がって私に伝わってしまった気がしてなりません。「ひとつのことにこだわるのはよくないですよ」という風なお話をされていたのですが、
あまりにもこのケータイの話が衝撃的で身にしみたので、ほかのことがどこかに消えてしまったみたいです。
うーん、未熟だ・・・


それでも、得るものはたくさんありましたし、
マイミク登録もしていただいたので、また望めばお会いできるチャンスがありそうです。
本当に今日はラッキーでした。


さて、今日の話を踏まえて、具体的にこれからどうするのかを客観的に考えないと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[08/29 逆援助交際]
[08/23 クンニ]
[08/22 熟女]
[08/19 痴漢]
はてなブックマーク
プロフィール
HN:
akisute
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ゲーム・東方・ニコ動。あと散歩。
バーコード
推奨環境

横幅900px以上、Firefox 3, Safari 3, Opera 9.5, Chrome 0.2以上。IE7ギリギリ対応。IE6未対応。

忍者ブログ [PR]