忍者ブログ
雇われるだけの人生から目指せ独立、社会人2年目なゲーム脳SEのブログ。更新頻度=週2~3回。
[182]  [181]  [179]  [178]  [177]  [175]  [176]  [174]  [172]  [173]  [171
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日無線LANの導入に成功しましたので、今度はいよいよノートPCに仮想マシンとしてUbuntuの8を入れてみます。

使用する仮想化ソフトウェアはVirtualBox
VMwareとどちらにしようか悩んだのですが、友人EさんがVirturalBoxを大絶賛されていたので、それに習うことにしました。何でもHDDのアクセス速度が体感で3倍は違うんだそうです。
インストール方法はiso形式のCDイメージをマウントしてインストールすることにしました。VirtualBox用のUbuntuイメージもありましたが、バージョン7しか無かったためあえなく断念です。

流れは以下のような感じです。
1:VirtualBoxをインストール
特に言うことなしです。非常に簡単です。

2:仮想Linux環境を作成
これまた非常に簡単です。GUIがすべて日本語化されているためなおさら簡単です。
メニューから「新規」ボタンをクリックして、後は表示に従うだけ。困ったところも詰まったところもまったくありませんでした。

NOTE000001.JPG

3:Ubuntuのインストール
まずはディスクイメージをこちらからダウンロード。
先ほど作成した仮想マシンにCD/DVD-ROMをマウント。これまた非常に簡単、先ほどの図のCD/DVD-ROMというところをクリックするとマウントオプションが出ますので、iso形式のファイルを指定してやるとマウントできます。

4:起動
起動したら勝手にCDからブートしてくれます。
ブートしてくれたら後は表示に従ってアカウント名入れたりパスワード入れたり。ものの数分で終了。さすがUbuntu、Linuxとは思えないぐらいひっっじょーに簡単です。昔大学時代にDebian GNUをインストールするときにはCUIベースのインストーラしかなかったのでコンソールとにらめっこをしていた記憶がありますが、そんな苦労はどこへやらです。

5:最後にちょっとだけ設定
インストールが完了したらちょっとだけ面倒な設定をやります。
VirtualBoxのメニューから、「デバイス」→「Guest Additionsのインストール」をクリック。
CDROMにインストール用のファイル一式が詰まった仮想CDがマウントされますので、
cd /media/cdrom0/
などとしてCDに移動。あとは用意されているインストーラをsudoで実行するだけです。私は以下のコマンドを試してみたらうまくいきました。
sudo ./VBoxLinuxAdditions.run
ここでUbuntuを再起動。再起動後、マウスカーソルがホストOS(Windows)とシームレスに移動するようになり(mouse pointer integration)、大変便利になります。
それからGuest AdditionsをインストールするとVirtualBox用のグラフィックドライバ(vboxvideo)がインストールされますので、画面解像度を変更することが出来るようになります。といっても、私の場合はなぜかGnomeの設定から変更することが出来なかったので、直接設定ファイル(/etc/X11/xorg.conf)をいじる必要がありました。具体的には以下の通り。
cd /etc/X11/
cp xorg.conf ~/
cd
gedit xorg.conf &
さすがにviで編集するのは嫌だったので、geditを使いました。

NOTE000002.JPG

こちらの図にあるように、以下の用に編集します。
  1. Section "Device"の中に、Driver        "vboxvideo"を追加する。
  2. Section "Screen"の中に、SubSection    "Display"を作成して、その中にModes    "1024x768"とDepth    32を追加する。Depthは色深度、Modesは解像度です。自分のお好みに変更すればよいと思います。
  3. 変更したら保存。
編集したら以下のコマンドで編集した設定ファイルを元の場所に戻します。
cd ~/
sudo cp xorg.conf /etc/X11/
戻したらCtrl+Alt+BackSpaceでX11を再起動すると、見事に解像度が変化するはずです。

81216b86.jpeg

これで一通り完成です!もう少し解像度大きくしてもいいかも・・・
それにしても仮想PCは万が一設定を壊しても復旧が楽だし、インストール作業の勉強にも向いていますし、なにより新しいことを試すときにはうってつけですね。1年~半年ぐらい前から「これからは仮想化の時代だ」みたいな記事をいろいろなところで読みましたが、なるほどその理由がよくわかった気がします。

参考にしたページ一覧:
オープンギャラリー:VirtualBox 1.3.8 for Windows 
ひるあんどん - ubuntu でNVIDIAドライバと解像度設定
Ubuntu日本語フォーラム / 画面解像度を 1280×800 に設定したい
V.J.Catkick@: 覚書:MacBook+ubuntu 

2008/6/3追記
やはり1024x768では物足りなかったので、さらに画面解像度を大きくしてみました。
【普通】Ubuntuにxorgcfgがない・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[08/29 逆援助交際]
[08/23 クンニ]
[08/22 熟女]
[08/19 痴漢]
はてなブックマーク
プロフィール
HN:
akisute
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ゲーム・東方・ニコ動。あと散歩。
バーコード
推奨環境

横幅900px以上、Firefox 3, Safari 3, Opera 9.5, Chrome 0.2以上。IE7ギリギリ対応。IE6未対応。

忍者ブログ [PR]