忍者ブログ
雇われるだけの人生から目指せ独立、社会人2年目なゲーム脳SEのブログ。更新頻度=週2~3回。
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近頃飲み会が非常に多いです。
ボーナス直後ということで皆さん財布の中身が分厚いから、いろいろなところからお呼びがかかります。盛り上げ役でもなく大食漢でもない財布役でもない私を誘っていただけるのですから非常に嬉しいことです。

今日は金曜日と言うことで勤務先から本社に戻りましたので、本社の同期仲間と呑みに行きました。

同じ会社のメンツで集まると、やはり会社の話が多くなります。
本社常駐の総務課Fさんからは総務の女性社員についてコワーイ話が飛び出してきたり(未婚で30過ぎると女性って怖いんですね、よくわかりました気をつけます)、営業のMさんからは先日訪問に行った相手先企業からの結果が返ってきて全員ダメだったとかやけくそ気味な話が飛び出してきたり。

それから飲みの場だと同僚の普段見られない顔が見られます。
典型的だったのがIさん、この人、普段は勉強しない、仕事しない、昇格に資格試験が必要となってもやっぱり勉強しない、もらったボーナスで馬を買うほどの競馬好きというような方。
うちの会社は真面目人間が構成比の8割以上を占めるので、周りからは異端児のように見られます。私もちょっとそう思ってました。

ところがじっくり話してみると、自立心があり、周りの人や状況をよく見ており、自分の意見をしっかりと持っていらっしゃる方でした。
たとえばこんな話。
我が社には昇級のための資格試験制度があり、数ヶ月前から対策チームが毎週試験勉強会や模擬試験会を開いてみんなに試験に受かってもらおうと活動していたのですが、結果は40名近く挑戦して未だ合格者二人のみ。とても成功しているような状況ではありません。
当のIさんも試験を受けないと昇級できない方だったのですが、「あんなのめんどくせーから受けない、会社全体でやっていこうという空気がない、やらないといけないという空気になっていない、すでに該当資格を持っていないのに昇級している連中に全くやる気が感じられず不公平感がある」とずばり一蹴。

思わず「なるほど!」と感心してしまいました。なぜならほとんどの人は自分から進んでとる意義も分からない資格を取りに行ったりなんかしません。すでに昇級している連中は試験を受けなくても降格したりしないので、なおさらやる意義がない。その上毎日夜遅くまで時間を使わされているのに、土曜日出てきて試験勉強をしろといわれてやる気になるでしょうか?なるわけがありません、少なくとも会社の大部分を占める普通の人は。
会社として全体でやっていこうという空気がないというのにも同意です。確かに理屈は分かりませんが「資格試験対策チームは善意の連中が運営している趣味の集まり」に見えてしまい、「会社組織の一端」には見えません。これでは会社組織としての強制力がありません。

大多数の人を動かすときの考え方みたいなものが何となく分かりました。


それからIさんは会社の給与体系にも一喝。
現在の我が社の給与体系は一言で言うなら異常なほど偏重していて、営業のWさんと部長クラスのIさん二人だけで年間1億近くもらっているということらしいのです!
確かに我が社の年商10億ちょいのうち、7割以上はWさん一人で営業して稼いだお金ですし、5割ぐらいはIさんが担当するプロジェクトから得たお金です。会社として分配する分にはそれぐらいが妥当でしょう。しかしながら、Wさんに変わって新しい営業先をどんどん開拓したMさんに入ったインセンティブは年間わずか100万円程度(2年目の新人にして何カ所も新しい営業先を捕まえてきて、面白い案件を何カ所もとってきた、今一番伸びている方に対してこの程度!?)、Iさんの元で毎日朝8時から夜1時過ぎまで狂ったように働いていた人々に入ったインセンティブは一円もありません(せいぜい残業代とボーナスちょっとでしょうか)。Iさん以外の部長の方がいただいているインセンティブもせいぜい云十万円程度。
冷静に考えれば、この事実を受け止めて怒らない人の方がおかしいです。営業のMさん総務のFさんは口をそろえて「Wさんが抜けたらこの会社は終わりだから、組織として正しい」なんて言いますが、とてもそうは思えない。Iさんは「確かにWさんが抜けたらまずいけど、その穴が絶対に埋められないとはとても思えない。人間やれば結構なんでも出来る」と反論。私も是非そういいたい。人間やれば出来る。Wさんが抜けたら年商は半分になるでしょう、リストラもされるでしょう、でもそれで終わりになるとはとても思えない。
上には何千万円も出せるのに、下の人間がそれ以上の努力をしてその人々にとって最高のパフォーマンスをみせたとしても一桁万円のご褒美を出してハイおしまいという態度をとられて、それでもまだやる気が出せる人間がいるでしょうか?
現に我が社の年間離職率はすさまじいものがあります。この事実を知ってしまえば、そりゃあやめたくもなるでしょう。


飲みに行って会社の話でこんなに盛り上がるとは思いませんでした。やっぱりうちの会社のメンツはすごい。みんなどいつもこいつも揃っていい奴過ぎる。

それから私が独立したいみたいなことを言うと、Iさんからきつーい一言。
「独立したいなら何で今サラリーマンやってるの?」
「独立して何がしたいの?独立するのはいいけどさ、それじゃうちの社長と同じだよ」
「そこでこうこうこういう理由で辞めたいんだという理由ぐらいは言って欲しかったなぁ」
「どこかに自分を必要としてくれる人は絶対にいると思う、でもそれは今の(組織に守られた)生活よりも絶対に辛いとは理解している」

うわ、何も言い返せねえ。悔しいなぁ。
ビジョンが示せないのか・・・
前にも同じようなことをしまてつさんあたりに言われた気がする・・・

ちくしょー!今に見てろ-!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DSLR-A850]
[08/29 逆援助交際]
[08/23 クンニ]
[08/22 熟女]
[08/19 痴漢]
はてなブックマーク
プロフィール
HN:
akisute
性別:
男性
職業:
システムエンジニア
趣味:
ゲーム・東方・ニコ動。あと散歩。
バーコード
推奨環境

横幅900px以上、Firefox 3, Safari 3, Opera 9.5, Chrome 0.2以上。IE7ギリギリ対応。IE6未対応。

忍者ブログ [PR]